序章 ルート1「赤嵐の空」

◆2013-9/11 序章終了となりました。ご参加ありがとうございました。

◆序章のイベントタグを用いた、アフター投稿は引き続きお待ちしております。
 アフター投稿については、こちらをご参照ください→Pixiv内記事「【PxEm】アフター投稿について

イベント概要

on pixiv

Pixiv内タグ検索「【PxEm】序章:赤嵐の空」

◆イベント参加用必須タグ
 自軍:【PxEm】 【PxEm】序章:赤嵐の空 【PxEm】自軍
 敵軍:【PxEm】 【PxEm】序章:赤嵐の空 【PxEm】敵軍

あらすじ

テグレス=レヴェン二重帝国による侵略を受け、ルスキニア王国の王都アクシオーマは陥落した。

ルスキニア国王イオニアスは一計を案じ、己の処刑が行われる際に暴動を起こさせ、
第一王子アルトリートに国の至宝である「オーブ(屠竜器)のかけら」を持ち出させる。

ルスキニアに残る王族は、第一王子アルトリートのみ。
王子は限られた部隊を率いて、リード諸島王国へと敗走する。
帝国による追撃部隊が編制されるも、王都が帝国の手に落ちるのは時間の問題であった。

追加アナウンス

on pixiv

ルスキニア王国の危機に、隣国リード諸島王国でも密かに王子アルトリートの救援に向かう動きがあった。
しかしリード諸島王国にとっては、テグレス=レヴェン二重帝国もまた国交を絶つことのできない相手である。
皇女フランチェスカは、複雑な心境を胸に秘めながら港町テヴェレを目指す。

on pixiv

王都アクシオーマの完全制圧を前にしながら、占領軍指揮官であったレヴェン国王セレスティンは突如、帝国へと帰還する。

副官ウィンデルバントに事後処理を任せ、帰国した彼は驚くべき光景を目にする。
実父・皇帝マクシミリアンは、友邦国テグレスから弓兵隊を呼び寄せ、海上を飛ぶマムクートを撃ち落とさせていたのだ。
それを制止しようとするセレスティン。皇后ラマシュトゥもまた、マクシミリアンに、一刻も早く無意味な攻撃をやめるよう懇願するが…

章エンディング

on pixiv

港町テヴェレへたどり着いたルスキニア王国残党の面々。
無事にリード諸島王国からの救援部隊と合流し、リード諸島へと向かう。

ルスキニア王都を制圧した占領軍指揮官ウィンデルバントは、
まるですべてを把握しているかのように、彼らのリードへの逃亡を見逃すのだった。


>> 第1章 ルート1「飢えた獣」に続く



(Counter:497, Today:1, Yesterday:0)
トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2013-12-30 (月) 01:06:02 (2467d)