第6章 ルート1「深淵竜」

ご参加ありがとうございました! アフター投稿も是非ご検討ください。

◆第6章カウント期間
 ◇投稿数カウント開始 2014-5/03 03時00分
 ◇投稿数カウント終了 2014-6/26 23時59分

◆6/27以降はアフター投稿としてカウントされます。
 アフター投稿については、こちらをご参照ください→Pixiv内記事「【PxEm】アフター投稿について

イベント概要

このイベントは、前章「破滅の呼び声」の続編にあたります。

on pixiv

あらすじ

 深淵竜ヴラドを祀る墳墓での戦いは続く。

 盗賊娘キキアの機転で、シエラのオーブのかけらを奪取したアルトリートだったが、
 彼らの手元にオーブのかけらが揃っていない事態には変わりがない。
 そして墳墓の奥では、隠れ里の巫女ハゥが、粛々と深淵竜ヴラド復活の儀式を進めている…。

 深淵竜ヴラドが復活すれば、アルトリートが率いる討伐部隊はもちろん
 それを援護するいかなる勢力にも、打つ手はない。

 一方、シエラ国に入ってからも障害だらけの道のりを超え、
 ルスキニア王女セラフィーマ率いる増援部隊が、ヴラドの墳墓へと向かっていた。

 奴隷商モレノの集めたごろつき集団は撃破され、シエラの人々の処断を待つことに。
 しかしあろうことか、最も危険な人物である司祭アニルは、姿をくらましていたのだった。

追加アナウンス

on pixiv

次第に疲弊していく、アガシオン教団掃討部隊
だが、ようやく王女セラフィーマの率いる増援部隊が墓所へと到着する。

二重帝国によるルスキニア侵攻ののち、
生き別れになっていた者達がようやく再会するが、それを喜び合う暇はない。

「ここは闇魔道の始祖たるヴラドサマが、直接おチカラをくださる場所。
 こっちは挫けちまったら最後、精神から蝕まれて食われるって寸法かよ」
負傷者の続出する先発部隊を目にして、増援部隊のシェキア・クレオらは
戦場がアガシオン教団にとって、これ以上ないほど有利な場所であることを見抜く。

一方、深淵竜の復活を急ぐ巫女ハゥの身には、明らかな異変が起こり始めていた。
ハゥ自身の感情が次第に失われ、
彼女の体を器とした何者かの意識が、次第に表出しはじめているのだ。
ヴラドの信奉者たちは狂喜する。

同時刻、リード諸島王国からは、残るオーブのかけらを手に
皇女フランチェスカがシエラへと船を進めていた。
果たしてその救援によって、戦局を変えることはできるのか。

そしてシエラ国の「元」豪商モレノは、ふたたび魔道学院の監督下で修業をやり直すことに。
学院長ラケルのはからいで、無用な流血は避けられたのだった。

しかしルーノの森の戦闘、ヴラドの墳墓での戦闘によって、
自軍部隊は次第に、そして確実に疲弊している。
ネイハム族を保護し、後方のキャンプへと一時帰還したグリプ族族長イクセルだが、
休む間もなく次々と悪い知らせを受け取り、その打開策を求められるのだった。

章エンディング

on pixiv

巫女ハゥの祈りは遂げられ、深淵竜ヴラドがアガシオン教団の前に姿を現す。
しかし、ヴラドの体はかつての戦いで傷ついたまま、墳墓からも出られない惨状をさらしていた。

「巫女の口寄せによって、もっともらしい言葉を吐く以外は、ただのケダモノだ」
失望するアルハザード。
しかし、魔女ラマシュトゥをはじめとする教団員たちは、ヴラドの再誕に狂喜し
戦意を高めるのだった。その光景を、意志を失ったハゥが茫洋と見つめていた…

たとえ復活が不完全であっても、深淵竜ヴラドを倒すには神器が必要だ。
ルスキニア王子アルトリートたち教団員掃討部隊は、墳墓の外への敗走を余儀なくされる。
≪屠竜器≫復元のため、聖騎士ディータ・軍師イリスは
テスカトラの賢者セフィリアにテスカトラ渡航の手引きを依頼するのだった。

一方、近隣の戦場を支える学院長ラケルと、グリプ族族長イクセルのもとには
最後のオーブのかけらを携えた、リード皇女フランチェスカが姿を見せていた。
「テスカトラに渡るといっても、
 真っ正直に海上を進むだけでは帝国軍や海賊に、粉微塵にされるだけだ」
危険な航路を進むフランチェスカたちの身を危ぶむイクセルに、
海兵隊隊長バルドメロは、イクセルにある懇談を持ちかける…


第7章の開始は、2014年8月初旬を予定しています。



(Counter:303, Today:1, Yesterday:0)
トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2014-07-02 (水) 10:43:16 (2272d)