序章 ルート2「迫りくる闇」

◆2013-9/11 序章終了となりました。ご参加ありがとうございました。

◆序章のイベントタグを用いた、アフター投稿は引き続きお待ちしております。
 アフター投稿については、こちらをご参照ください→Pixiv内記事「【PxEm】アフター投稿について

イベント概要

on pixiv

Pixiv内タグ検索「【PxEm】序章:迫りくる闇」

◆イベント参加用必須タグ
 自軍:【PxEm】 【PxEm】序章:迫りくる闇 【PxEm】自軍
 敵軍:【PxEm】 【PxEm】序章:迫りくる闇 【PxEm】敵軍

あらすじ

長らく均衡状態を保っていたヴァルヴァラ聖教国アガシオン教団の戦いが始まる。

まるで同盟国ルスキニア王国の、王都陥落と呼応するように、
聖教国の遺物「アデルの塔」を、突如アガシオン教団の部隊が強襲する。

聖教国軍の聖騎士ルーキス、枢機司祭オディロンによる迎撃部隊が奔走する合間にも、
国境地帯では情勢の混乱に乗じた賊の跋扈と、隣国の貴人たちを狙う賞金稼ぎたちの襲撃が始まっていた…。

追加アナウンス

on pixiv

アデルの塔、そして賞金稼ぎと賊が跋扈する国境地帯の戦いの両方に、アガシオン教団の部隊が加わる。
教団が連れているマムクートたちの姿に、人々は恐怖し、事態は一層の混乱を極めることに…

章エンディング

on pixiv

アガシオン教団の増援に現れた、マムクートに苦戦を強いられる聖教国の面々。
それでもヴァルヴァラ聖教国軍の兵力をもってすれば、アガシオン教団の撃退は可能だ。

しかし、教団はただ戦うことだけを目的に現れたわけではなかった。
怒りに身を任せ、理性を失ったかのごとく荒れ狂うマムクートと、それに選択の余地なく対峙する聖教国軍の人間たち
これはまるで、かつての深淵竜ヴラドと人とが戦った光景の再現ではないか。

では、教団の狙いはアデルの塔そのものではなく別のところに…?

気づいても、もう遅い。
教団によって仕組まれたか筋書どおりに、戦闘は激しさを増していくのだった。


>> 第1章 ルート2「聖なる塔のもとに」に続く



(Counter:469, Today:1, Yesterday:0)
トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2013-12-30 (月) 01:10:14 (2457d)